高齢者安否確認事業

65歳以上の虚弱な一人暮らしの方を対象に北見自治区・端野自治区にお住まいの方には声掛け訪問の際に乳酸菌飲料を配布、また常呂自治区・留辺蘂自治区にお住まいの方には安否確認電話サービスをする事により、安否確認と緊急時の速やかな対応を図り、老人福祉の増進を図る事を目的とした事業です。
利用者負担はかかりません。

対象になる方は、

①65歳以上のひとり暮らしの虚弱な高齢者
②65歳未満ではあるが、身体障害者手帳1、2級または精神保健福祉手帳、療育手帳を所持している方、もしくは要介護認定を受けている方
③65歳未満ではあるが、身寄りがいない等、安否確認が必要と判断される方

【問合先】地域福祉課地域福祉係