成年後見制度

成年後見制度は、認知症、知的障がい、精神障がいなどにより、判断能力が十分でない方が不利益を被らないように、本人の権利や財産を守るための制度で、成年後見人等が、本人の意思を尊重し、その人にふさわしい生活が送れるようお手伝いするものです。
詳しい内容については、北見市成年後見支援センターをご覧ください。

成年後見制度の種類

 成年後見制度には、すでに判断能力が不十分な方に対する法定後見と、将来の判断能力が低下した時に備え、あらかじめ後見人等を選んでおくことができる任意後見があります。

成年後見人等とは

 成年後見人等は、家族、弁護士や社会福祉士などの専門職、社会福祉協議会等による法人後見人のほか、倫理感が高く地域福祉への寄与や社会貢献意欲を持つ市民が市民後見人として成年後見を担っています。

北見市社会福祉協議会による法人後見の実施

 北見市社会福祉協議会は、釧路家庭裁判所北見支部から後見人等として選任を受け、ご本人への支援を行っています。

【問合先】生活支援課権利擁護係