緊急通報システム設置事業

虚弱な一人暮らしの高齢者等の自宅に、緊急通報装置を設置し、装置を使い通報する事によって、急病や災害などの緊急時に対応する事や不安の解消を目的としています。
設置費用は無料ですが、通話料金は自己負担。また緊急通報発信機を紛失した場合は、弁償して頂くことになります。

対象は、下記のいずれかに該当する方。

①65歳以上のひとり暮らしの虚弱な高齢者で、通院もしくは服薬にて病気の治療を受けており、心臓疾患・脳疾患・関節疾患・特定疾患等の既往歴があり、緊急時に機敏に行動することが困難な方
②ひとり暮らしの重度身体障がい者で、緊急時に機敏に行動することが困難な方

【問合先】地域福祉課地域福祉係